転職時の面接に対する準備について

転職時の面接に対する準備について

転職活動における面接にのぞむとき、必ずその準備をしなければなりません。何の準備もせず、いきなりぶつけ本番でのぞんではまず面接を通過できません。では、どんな準備が必要でしょうか。まず、自らがなぜ、転職をしたいのか、の理由を必ず考えることです。それが、スキルアップをしたい、自らの特技を生かしたいなどの理由であれば、それをそのまま、自分の思いを面接でぶつけましょう。しかし、それが、人間関係あるいは、給料や労働時間を含む待遇面に不服があっての転職であったり、会社の倒産や解雇などの自己都合でない転職の場合、転職理由には本音と建前の使い分けが重要になってきます。本音とは別の建前の理由や、本音を言うにしても、そこに至るまでの経緯をきちんと面接官に伝えることができるよう準備をしましょう。

また、なぜその会社を受けたいと思ったのか、志望動機が後者の場合は特に重要です。(前者も重要なことには変わりありませんが。)後者の場合は特に転職理由に志望動機も絡めてつじつまの合う話が面接官にできるよう、事前に十分話を練る必要があります。なぜなら、本音をそのままいうのと違い、事前に準備した建前を話すときは十分に準備をしておかないと緊張した本番でつい、ぼろがでてしまうことが多いからです。よく考えて面接にのぞみましょう。
Copyright (C)2017転職時の面接に対する準備について.All rights reserved.